薬剤師にまつわる法律

薬剤師にまつわる法律についての基礎知識をご紹介!


薬剤師にまつわる法律

薬剤師の資格を取得される場合、やはり薬剤師に関する法律というものは、日々目を通しておく事が大切です。 薬剤師に関わる法律には、薬剤師法をはじめとして、薬事法、医療法等も存在し、中には、薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令というものも存在しますから、医療に携わる一員として、こうした法律に目を通す、ということは当然必要ではないかと思います。

例えば、医療法には、医療に携わる人間として、どのように患者である医療を受ける側に適切な医療を行うか?というような省令が定められており、医療従事者が努めるべき内容が記されておりますから、薬剤師としてこうした医療に関する法律はきちんと把握し、認識すべきかと思います。

薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令とは、薬局もしくは、その他の販売業における薬剤師の員数を定める省令ですが、薬剤師となる以上、薬剤師に関わる省令、法律は、しっかりと認識すべきものと考えます。

薬局等の員数を定める省令による、薬局の員数は、薬事法に基づいて、色々と定められるわけですが、各薬局における1日の平均取扱処方箋が40枚までの場合は、1とされ、それ以上の場合は、端数を増すごとに1を加えた数とされるということになります。 1日平均取扱処方箋は、前年における総取扱処方箋数を前年において業務を行った日数で除し、得た数字ということになります。 しかしながら、前年における業務期間がない、又は3ヵ月未満であるという場合は、推定によるものとなります。

一般販売業の薬剤師員数は、規定に基づき厚生労働省令背定める一般販売業者の店舗においては、薬事に関する実務に従事する薬剤師の員数は1となります。 このように、薬剤師のまつわる法律というものは、今回ご紹介する薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令の他にも薬剤師法や薬事法等、色々なものがありますが、医療にかかわる法律とは、医療が効率よく進み、患者となる、医療を受ける側が、安心且つ納得した上で医療を受けられ、信頼できる医療環境を整えるに必要な省令であると考えます。

とりわけ、今回紹介したような薬剤師の員数を定める省令は、国民には、あまり関係ないように思えるものの、適切に、尚且つ調剤等をスムーズに行うためには、このような省令もまた当然必要であり、薬剤師個人においてもこの省令をきちんと認識することは、当然必要だと思います。

薬剤師に関係する法律は、実に色々な省令が存在しますが、その一つひとつには、大きな意味があると考えます。

薬剤師紹介 薬剤師 求人 募集 転職 - ファーマ人材バンク