薬剤師と医療法の関連性

薬剤師と医療法の関連性についての基礎知識をご紹介!


薬剤師と医療法の関連性

医療法とは、医療を受ける物による医療に関しての適切な選択を支援するために必要な事項を記しており、尚且つ医療の安全を確保するために必要な事項等も記されています。 例えば、病院、診療所もしくは、助産所の開設や管理に関しての必要な事項も記されており、こうした施設の整備や医療提供の施設の相互間の機能を分担する事及び業務の連携を推進するために必要な事項が記されています。

医療法は、これらの内容野事項を定め、それを定めることにより、医療を受ける側の利益を考え、尚且つ保護をする目的となり、良質で適切な医療が効率的に提供する体制づくりができると考え、それにより、国民の健康を保持することに寄与できる、またそれを目的としている事により、この法律がつくられています。

医療法とは、そもそも薬剤師にあまり関係ないと考える方も存在するわけですが、薬剤師もまた、医療従事者として、薬事法から薬剤師法、この医療法に至るまでの内容をしっかりと把握することにより、国民の健康に寄与できる事となるのです。 医療は、そもそも国民が自ら、健康の保持、促進のために努力をするわけですが、その努力を基礎として、医療を受けるものの意向を十分に尊重する事が重要となると記されており、病院、もしくは診療所の施設は、医療を受ける方の居宅などにおいても医療提供施設の機能に応じて、効率的且つ福祉サービス等との有機的な連携を図りつつ提供すると記されています。

医療法とは、医療にまつわる、あらゆる法令が記されておりますが、最終目的は、やはり国民の健康に寄与するという事が目的で、それに伴い医療機関等でも、医療を受ける側の意見を尊重しつつ、効率的に医療を提供する事と、そうした体制が整えられるように努める事が必要であるという事を表しています。

またこの医療法の内容の中には、医療従事者の代表である、医師はもちろん看護師、歯科医師、薬剤師等の医療従事者における内容も記しており、医療従事者である医療の担い手は、医療を受ける方に対し良質で適正な医療を行うように努める事が重要であるという事も書かれています。 また、薬剤師を含む医療従事者は、医療を提供するにあたり、適切な説明をする事も大切であるとされ、尚且つ医療を受ける方の理解を得る努力も必要とされています。

医療法とは、こうして、医療を受ける方、医療を受ける側の意思を尊重しつつ、医療を行うにあたり、患者である、医療を受ける側がきちんと理解し、その説明に納得できるような医療を提供するべく努力が必要であると定められています。

九大病院の薬剤師について紹介